MUGEN通信

伝えること【紫原校】

こんにちは。

今週はかなり暖かかったですね。

あっと言う間に桜も散り、

さあ!次は夏の出番です。

 

…気が早すぎました。

 

さて、今日は土曜日。小学生のコアタイムの日でした。

コアタイムというのは、小学生では月に1回、中高生では週1回行われる、

集団指導の時間です。

MUGENは、普段の指導が個別カリキュラムであるため、

チーム化を図るべく定期的にこのコアタイムを行っているのです。

今日の小学生は作文もありました。

自分が最近特に気になっているのが、日本語。

話し言葉でも、主語述語がはっきりせず、話が伝わらない子供をよく目にします。

書きに至っては、話し言葉と書き言葉の区別さえままならない子も。

MUGENでは、全小中学生対象に、月に1回、作文添削を実施しています。

書くことは、自分を表現するだけでなく、相手に心を伝える大事なツール。

これなくして、勉強は語れません。一生ものですから。

 

この作文には評価がついていて、

上から順番にS、A、B、C、・・・と、赤ペン先生が記載してくれるのです。

実は、今まで一度もS評価を見たことがなくて、

最近はいつも誰がA判定とるか楽しみにしてるのですが、

今回唯一A判定を取った、新小4のMちゃんを紹介します。

 

そろばんは、計算に役立つ道具。

やっぱりMちゃん、書くことが違う!

このMちゃんは、他にもMeet the Worldというオンライン英会話もMUGENで

習っていて、この間英検の5級(中1レベル)の過去問を解かせたら、見事満点でした!

向上心にあふれているMちゃんです。

みんなにも、こんなふうに、なんにでもチャレンジしてほしいと願う先生なのでした。

ん?

まずは自分が、チャレンジだ?

ごもっとも。

 

 

 

 

おしまい。