MUGEN通信

【紫原校】2020年度大学入試改革に向けて先手を打つ!

昨日、小6の生徒が授業前に学校の宿題の質問に来ました。

分数のかけ算・わり算の文章題。

どうやら、かければいいのか、割ればいのかわかっていない様子。

 

授業の時間になりました。

中学受験プランの生徒で、ウィングネットの映像授業の例題で

まずは、やり方を確認。

大分、わかってきた様子。

 

類題を解く前に、「例題の解き方を先生に教えて!(説明してごらん!)」とアクティブな学習へ。

最初はよくわかっていなかった生徒が、言葉に詰まりながらも、私に説明してくれました。

これで大丈夫!

類題を解き、3問中2問正解。残り1問は計算ミス。

自ら問題を解決した達成感からか、笑顔で帰って行きました。

 

 

アメリカ国立訓練教育研究所の『ラーニングピラミッド』によると、『他の人に教える』ことで学習定着率は90%という結果が示されています。

 

MUGENでは、『主体的で対話的な深い学び』であるアクティブラーニングを普段の授業から取り入れています。

 

2020年度の大学入試改革、必要とされるのは、『主体性・表現力・協働性・批判的思考力・読解力・課題解決能力』等…

 

大学入試が変わる→高校の授業が変わる→中学校の授業が変わる→小学校の授業が変わります。

 

だから、『MEET the WORDL』『わくわく文庫』『速読』『速読英語』『アクティブラーニング授業実施』など、MUGENも進化していっています!!

 

明日は全国統一小学生テストです。

小学生の皆さんがたくさんのきっかけを見つけるテストになりますように!

 

minami